Hug×Hug 時間☆

hughugtime.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

泣いた赤鬼

浜田廣介氏を代表する
「泣いた赤鬼」という児童文学。
(小学校の教科書にも採用)

あらすじはこう。
“山で暮らす
人間と友達になりたいと願う赤鬼。
『心のやさしい鬼のうちです。
どなたでもおいでください。
おいしいお菓子がございます。
お茶も沸かしてございます。』
と書いた札を立てるが、
人間たちは疑って、誰一人遊びに来ない。
親友の青鬼は、わけを聞いて、
次のような作戦を考える。
(青鬼は村へ出て大暴れをする。そこへ赤鬼が登場し、青鬼をこらしめる。)
作戦は見事大成功!
おかげで、赤鬼は村人たちと友達になるが。。。
f0236397_10425470.jpg

【レンズ:50mm F:1.4★焦点距離:50mm シャッター速度:1/80秒 絞り:F3.5 ISO感度:100】

『赤鬼くん、人間たちと仲良くして、楽しく暮らしてください。
もし、ぼくが、このまま君と付き合っていると、
君も悪い鬼だと思われるかもしれません。
それで、ぼくは、旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。
さようなら、体を大事にしてください。どこまでも君の友達、青鬼。』”
切なくも悲しいお話。。。
[PR]

by hug-hug_time | 2011-02-06 00:41 | 愛犬たちのこと☆


<< 5 years old      Dental care >>