2011年 03月 13日

The Day After Tomorrow

明日も明後日も
いつもと変わらぬ
平穏な朝が来ると信じていた。

TVから流れてくるのは
まるでいつかの映画で見たような景色。

絶句した。
探せど探せど言葉が見つからない。。。

***********************************************

小学校高学年くらいだろうか。。。
インタビューに応じる
少女が涙ながらにこうつぶやいた。

「お父さんがまだ見つかっていません。
 とても心配しています。

 いままで当たり前だと思っていた
 お父さんがいて、
 お母さんがいて、
 お姉ちゃんがいて、
 おじいちゃんがいて、
 おばあちゃんがいて、

 温かいお家があって、
 おいしい食べ物がある。

 学校に行く
 友だちがいる。
 先生がいる。

 これが
 どんなにしあわせかということが
 よくわかりました。」

大災害を経験し
発せられる言葉
重く受け止めなければならない。。。

************************************************

自然は時に脅威である。

私たちは
生きていると同時に
様々な自然の恩恵を受けながら
生かされているということを痛感する。

今を大切に一生懸命生きよう。
そして自分にできることから始めてみよう。

************************************************
[PR]

by hug-hug_time | 2011-03-13 00:56 | photo


<< 自主防災      紅梅♪ >>